モネ 睡蓮


NHKスペシャル「モネ 睡蓮(すいれん)~よみがえる“奇跡の一枚”~」 2019.06.17

高知県東部の北川村「モネの庭」マルモッタンの公式サイトです。

▲青い睡蓮が咲く 「水の庭」(写真提供:北川村「モネの庭」マルモッタン) 温暖な気候の高知だからこそ花を開くことができた青い睡蓮。

じつは画家の緻密な計画により作りこまれたものです。

モネは、異なる色の睡蓮をおのおの鉢に入れ、好きな色を組みあわせて自邸の庭の池に配置しました。

この自分がつくり上げた幻想的な庭で、モネは睡蓮の池と橋の風景を描いていますが、この作品は18点の連作のうちの1点です。

長らく所在不明だったクロード・モネの大作「睡蓮--柳の反映」がパリで見つかった。

同館が26日発表した。

損傷が激しいため、修復の上公開する。

同館の馬渕明子館長は「美術史的にも重要な作品。

そしてもう一つの見どころは、モネが何年も書き続けた、大量の睡蓮。

岐阜県関市板取の根道神社の参道脇にある名前もない池のたたずまいが、フランス印象派を代表する画家クロード・モネの作品「睡蓮(すいれん)」を思わせると評判になっている。

【名画コレクション】モネ睡蓮フリル付き【晴雨兼用傘】 あと 3 個 !! フランスの印象派を代表する画家クロード・モネ。

誰もが一度は見たことのある「睡蓮」を傘に描きました。

そこに咲く睡蓮に魅せられたモネは、睡蓮がモチーフとなった作品を数多く残し、パリのオランジュリー美術館には睡蓮の連作が収められている。

この美術館の主な所蔵コレクションの一つは、モネの《睡蓮》。

中には幅2メートルにわたる大作もあり、常設展示で鑑賞することができます。

「睡蓮」を主題とした作品は約200点残されています。

モネは、最初睡蓮の池と日本風の橋の風景を空間として捉えた作品を描いていますが、彼の興味は、次第に睡蓮の浮かぶ水面に向けられていきます。

モネの「睡蓮」専用の大壁画に感動! モネの「睡蓮(すいれん)」と言えば、19世紀末~20世紀初にかけてのフランスを代表する偉大な印象画。