蒔絵 螺鈿


蒔絵(蒔絵屋・伯兆)

代表例にいずれも国宝の沢千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃(さわちどりらでんまきえこからびつ)(和歌山県・金剛峯寺(こんごうぶじ))、片輪車螺鈿蒔絵手箱(かたわぐるまらでんまきえてばこ)(東京国立博物館)がある。

漆器の板屏風に描かれた蒔絵の菊 蒔絵(拡大画像) 八橋蒔絵螺鈿手箱 尾形光琳作 国宝 東京国立博物館蔵 蒔絵(まきえ)は、漆工芸技法の一つである。

特別展・企画展 春季特別展 漆の美―彫漆・螺鈿・蒔絵― 4.13 (土) ~ 5.26 (日) 漆の樹液を東アジアでは古くから塗料・接着材として利用してきました。

単眼鏡のレンズを通して眼前にせまる蒔絵や螺鈿の繊細な美を万華鏡さながらに楽しめる新しい鑑賞体験を提供します。

有難うございました。

日本古来の色彩や文様など、和の魅力をお楽しみいただける腕時計です。

長年書道の稽古していて、割と大きめの蒔絵の硯箱も持っていますが、螺鈿細工が好きな事と葡萄と鳥の模様、構図の良さに惹かれて購入しました。

蒔絵との併用では片輪車(かたわぐるま)螺鈿蒔絵手箱(国宝、東京国立博物館)、沢千鳥(さわちどり)螺鈿蒔絵小唐櫃(国宝、和歌山・金剛峯寺(こんごうぶじ))がある。

木彫、蒔絵や螺鈿を含む漆芸など実にさまざまな技法で制作されています。

各種の伝統的な蒔絵技法を高度に体得しており、なかでも高蒔絵の技法を特色とするほか、変り塗を応用した独自の蒔絵技法や研出蒔絵、螺鈿、平文、卵殻等の技法を併用し、多彩な表現を行う。

金の板の表面に高温で漆を焼き付け、蒔絵や螺鈿(らでん)の技法で、桜や錦、菊などをモチーフにした。

人間国宝の漆作家、室瀬和美氏が1年を費やして製作した。

天然の白蝶貝に、蒔絵や螺鈿の技術を駆使して ブローチに仕上げる様子 活性化ファンドを活用し展示会に出展、販路開拓 アクセサリー事業の成長をサポートしたのが活性化ファンドだった。

龍 螺鈿(らでん) 木目 縁錫蒔絵 遊び心 季節・行事別特集 イベント・企画別特集 イメージギャラリー 漆器はお手入れもお取扱いも 簡単です。

是非気軽に、 身近にお取扱いください。