高島屋 京都 美術


滝口和男 陶で知る 観・薫・昧・響を 「高島屋展覧会」

京都大丸店は、老舗のデパートですわな。

近くには、高島屋、藤井大丸、最近は京都伊勢丹に、 こんな感じ。

向かいには、京都市美術館が見えます。

京都高島屋さんでも買えるようになりラッキー。

なんでもバトンドールとはフランス語で「黄金スティック」のことなんですって。

一箱500円(6本X6袋入り) お高いポッキーです。

高島屋ヨミウリ動かす力がすごい あまりにもキューピーキューピーと騒いでいたからか 美術も京都もほったからしで羽生羽生なのに…。

美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

雨の日の雑感と『ジョルジュ・デ・キリコ』 最後に高島屋に寄り、買い物と特別展『天皇皇后両陛下の80年』を見ました。

次は東京都美術館の「新印象派展」です。

印象派好きにはたまらない展示会と言えます。

コースは、八坂の塔→二年坂→高台寺→ねねの道、石塀小路→円山公園 →知恩院→八坂神社、最後に高島屋 です。

京都市美術館別館では、京都水彩画展〔5/28~6/2〕が開催されていました。

私は水彩画も好きです。

平安神宮を後にして、高島屋に向かいました。

春の院展が開催されてたので、入場しました。

横浜、京都、大阪各店で7月まで巡回する。

4月中旬に日本橋店で開かれた個展では9割が完売。